子育てママに楽しい・嬉しい・キレイをプラスするWEBマガジン

子育てママ+

マネー 話題

電力自由化はもうすぐ!賃貸マンションも新電力で個別に契約できます!

投稿日:

電力自由化が最近話題に上っていますが、プランが出揃っていないこともあって、まだまだ分からないことだらけですよね。
しかし、実は開始は2016年4月、つまりあと、2か月余、と刻々とその時は迫っています。
自分は賃貸だし、集合住宅だから関係ない、と思っている方も多いようですが、実は必ずしもそうではないようです。
賃貸のマンションやアパートなどの集合住宅にお住まいの方が気になる、電力自由化の疑問点を見ていきましょう。

賃貸のアパートやマンションは関係ない?

結論から言うと、関係あります!

いま住んでいる物件に引っ越した時、自分で電力会社に連絡をして、自分で料金を払っている場合は、個別に契約していることになります。
毎月、電力会社から、電気使用量のお知らせなどを受け取っている方はほぼ、こちらです。

この場合は2016年4月からは、自分の使う電気について、自由に電力会社を選ぶことが出来る、ということになります。
ただしいくつか、気を付けなければならないケースがあります。

賃貸物件で気を付けること

一括受電の契約かどうかの確認

集合住宅全体で電力会社と一括受電している場合は、新たに契約することは難しいと考えてよいでしょう。
この契約をしているのは、ほとんどが大規模な分譲マンションなので、賃貸契約はほとんど当てはまりませんが。
分譲マンションを賃貸としている場合もありますので、念のため確認が必要になります。

電気代の支払いを管理組合などに行っている場合は一括受電の場合が多いようです。
変更できないからと言って、電力自由化の波に乗れないのか...と思わないで!

一括受電は自由化の先駆けのような制度なので、実はすでに料金がかなりお安くなっています。
今回の電力自由化で新たに契約を見直すメリットは少ない、と考えた方が良いようです。

契約に特別な規定がないか

賃貸契約の際、電気に関して特別な規定がないかの確認が必要となることがあります。
電気に関して契約しているのは自分だけれど、建物自体の所有権は大家さんにあるので、ここらへんがややこしいところです。
義務ではありませんが、トラブルを避けるためにも事前にお伺いを立てておいた方が良いでしょう。

新たに一括契約を考えている場合も

今回の自由化を機に、電力の切り替えを一括で、と考えている大家さんや管理会社もあります。
また、自社の管理の物件の入居者に電力販売できるように、電力販売に登録したハウスメーカーも存在します。
もしかしたらマンションまるごと一括契約を考えているかも、と想定して、事前に相談しておくといいと思います。

管理会社・大家さんには事前に確認を!

今回の電力自由化にはメーターの交換が必要になりますが、無料で交換になるので、大家さんや管理会社への負担はありません。
契約も個人が新たに契約する電力会社に連絡するだけで、前の会社に連絡する必要もありません。

ただ、賃貸物件は、所有者と居住者でトラブルが起こらないように、事前に確認することが大切です。
居住者の権利が主張しやすい世の中になりつつありますが。
あの住人には困っている、なんて話を近隣の方にされたら、トラブルの元になりかねません。

せっかく築いた人間関係、学校や幼稚園など、子供たちのつながりもある訳ですし、避けたいところですよね。
あっさりOKがもらえれば、取り越し苦労だったね、と済ませれば良いだけの話です。
知らせることは義務付けられてはいませんが、新たな電力会社を決める前に、事前に確認するように心がけましょう。

編集後記

我が家も、賃貸物件に住んでいるので、今回の電力自由化はあまり関係ない、とそこまで関心がありませんでした。
しかし、賃貸も関係することが分かったので、一度検討してみようと思います。
その前に管理会社に確認が必要、ここはちゃんと心しておこうと思います。
皆さんにも大いに関係する電力自由化、ぜひこれから検討してみてくださいね。

-マネー, 話題

Copyright© 子育てママ+ , 2017 All Rights Reserved.