子育てママに楽しい・嬉しい・キレイをプラスするWEBマガジン

子育てママ+

マネー 話題

日銀マイナス金利の影響はいつから?ローンや手数料で銀行見直しを!

更新日:

日銀のマイナス金利政策が2016年2月16日に始まりました。
日本にとって、初めての試みのため、どのように展開していくのか誰にも分からないので、不安感ばかりが先行しているようです。
イマイチ分からないところを分かりやすく見ていきましょう。
マイナス金利に対して私たち自身が出来る、ローンや手数料の見直しなどについてご紹介いたします。

マイナス金利の影響はいつから?

実施されたのは2月16日からですが、実際にマイナス金利の影響がいつからかというと、その発表があった、1月29日からです。
実際、ネット銀行のソニー銀行はその3日後の2月1日から普通預金の金利を0.001%に引き下げています。
金利が通常よりも高いとされるネット銀行の代表格である、ソニー銀行が一番に引き下げたのは、マイナス金利の影響だと言えるでしょう。

なぜ日本初の政策を?

民間の銀行は、日銀にお金を預けているってご存知ですか?
実は、今回マイナスとなるのは、銀行と日銀の間の金利の話で、私たちが預けている銀行がマイナス金利になる訳ではありません!

銀行とすれば、日本銀行に預ければ預けるほど損をすることになります。
そこが日本銀行の狙いで、企業への貸し出しにその分を回してほしい、という思いが込められています。

成功すれば景気回復も

企業の貸し出すお金が多くなる→設備投資にまわる→景気が良くなる→給料があがる→消費も上がる
これが日本銀行が描いている、マイナス金利の成功サイクルになります。

失敗となる可能性も

しかし、世界情勢が不安定、中国経済の衰退、そして消費税増税などを考えて、企業がお金を借りず、設備投資にお金が回らない事態も考えられます。
そうなると、 銀行の経営が悪化の可能性→株価下落で景気が悪化→ATMの手数料値上げ、預金金利の値下げなどの検討に入ります。
悪い流れのことを書いていると気持ちが暗くなりますが...。

銀行業界への影響はいつから?

三井住友銀行が2月16日に普通預金金利を0.02%から0.001%に引き下げました。
そしてみずほ銀行が22日より同様の引き下げを発表し、三菱東京UFJ銀行も近いうちに追随するものと思われます。
また地方銀行最大手の横浜銀行も16日に0.001%を適用しています。
0.001%なると、10万円を預けても残念ながら利息が付かない、という...悲しい事態ですね。

ただ、一度打ち出した政策ですので、景気動向や2017年4月から行われる消費税増税などの影響を考えると、1~2年はマイナス金利政策が行われるかもしれません。
そうなると、それを逆手にとる形でメリットを見つけるか、利息が付かない分、手数料などを減らすしかないでしょう!

ローンを組む・見直す

個人で金利が低いメリットは、ローンを組むときの金利ぐらい、その中で、家と車のローンに関して調べてみました。

購入時のローンは超低金利で組める

マイナス金利によって預ける側の金利だけでなく、借りる金利も低くなります。
ということは、低い金利で借りられる!ということです。
ただし、気を付けなければならないのは、住宅ローンの金利は、申し込み時の金利ではなく、融資実行時の金利が適用されることです。
低金利が続くと思い、見込みでローンを組んでしまうと、融資が実行されるときには金利が上昇している、なんていうことも考えられます。
こちらは注意が必要です。

借り換え検討も

・1000万円以上残額がある
・10年以上ローンが残っている
・金利の差が1%以上ある
この条件に当てはまる方は、ローンの借り換えを検討してもいいようです。

車のローンなら金利0%のところも!

2016年2月20日(土)~3月21日(祝)の期間のみですが、プジョー・シトロエンでは金利0%を実施します。
他、ホンダも1.9%からという低金利キャンペーンを実施していて一見マイナス金利対策かな、と思いますが。
車のローンは販売店やクレジット会社のローンがほとんどなので、他が追随するほど、一斉に車のローンが安くなる、ということではなさそうです。

手数料が掛からない工夫を

最近は自分の口座から引き出すだけで、手数料が掛かる銀行が多くなっており、わずかな利息も帳消しになってしまいます。
そのため自分が口座を持っている銀行の手数料について、改めて確認してみましょう。
最近の銀行再編、ゆうちょ銀行の民営化などを受け、口座からの引き出し、振り込み手数料に回数制限があるものの、無料になるケースも増えています。
ぜひ、こちらを確認して、時間外などの引き出しを減らし、手数料で損をしないようにしましょう。

手数料のかからない新生銀行についてはこちらの記事に詳しく書いていますので、参考にしてくださいね。

編集後記

マイナス金利のこと、少し身近に感じて頂けましたでしょうか?
連日報道はされるものの、消費税などと違い、目に見えた変化がないため、なかなか実感しにくいと思います。
デメリットばかりが報道されていますが、住宅ローンなどの金利の引き下げなどは大きなメリット、一度自分の懐と比べてみて損はないと思います。
この機会に、今ある口座についての見直しや、銀行取引について考えてみてはいかがでしょうか。

-マネー, 話題

Copyright© 子育てママ+ , 2017 All Rights Reserved.