子育てママに楽しい・嬉しい・キレイをプラスするWEBマガジン

子育てママ+

レジャー

宮島水族館の割引JAF優待は?宮島だけのもみじ饅頭手焼き体験も!

投稿日:

広島にある安芸の宮島は、四季問わず、いつ行っても魅力あふれる場所です。
神社のイメージが強いので、子供と行くと退屈するかも、と思われるかもしれません。
しかし実は子供たちが楽しめるスポットが、たくさんあります。
もみじまんじゅうも、宮島ならではの楽しみ方がありますので、見ていきましょう。

宮島水族館

宮島水族館(愛称:みやじマリン)は、最近流行りの大水槽がある訳ではありませんが、少し立ち寄るには規模もちょうどいいと思います。
2011年にリニューアルされ、トイレやレストランなどもキレイで、使いやすくなりました。
フェリー乗り場からだと30分弱ほどかかりますが、厳島神社の出口からだと、海沿いの道を通って、ゆっくり海を眺めながら行くと10分弱の場所にあります。

入場料の割引は?JAF優待はある?

宮島水族館の入場料の割引はずばり、個人ではありません!
JAFの会員優待について問い合わせてみたところ、期間限定の粗品をプレゼント、ということで割引ではない、とのことでした。

コンビニでは入場入館引換券というものが発売されていますが、こちらも割引はなく、入場券を買い求める列に並ばなくていい、ということだけのようです。
年間パスポートが1年に3回以上来園なら、お得になりますが、地元の方でないとハードルが高いかもしれません。
JAF優待はかなりの施設で使えるのですが、今回は残念ながらプレゼントのみ、ということになります。

みやじマリンの2大スター

以前はラッコが人気だったのですが、鳥羽水族館にお嫁入りして以来、いなくなりました。
現在はスナメリとコツメカワウソが大人気です。
私は勘違いしていたのですが、シロイルカとスナメリは別の種類なんですね。
ちなみにイチゴちゃんはこの水族館生まれ、人が近づくと愛嬌のある顔を近づけてくれますよ。

コツメカワウソの中でドヤ顔をする!と人気のウルトくんは、ただいまお休み中です。
そのかわりツバメさんがとてもカワイイしぐさと表情で大人気、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

自分で作ってアツアツを食べよう!もみじまんじゅう

もみじまんじゅうの作りたてを食べられるところは、宮島以外に結構ありますが、自分で焼く!となると宮島以外は聞いたことがありません。

私のおススメはもみじまんじゅうの製造で有名な、やまだ屋宮島本店での体験です。
料金は756円、当日でも申し込めますが、前日までの予約しておいた方がいいと思います。
おみやげとしてこしあん2個、チョコ2個、そして桐葉菓というお菓子がもらえます。

実はこの桐葉菓が超おすすめで、広島のお土産に私はいつもこれを買っています。
手作り体験しているところは他にもありますが、お土産で桐葉菓もらえる!という点が私のおススメの理由です(汗)。

ちなみにもみじまんじゅうはたくさんメーカーがあるのですが、地元では藤井屋、にしき堂、やまだ屋が人気のようですね。
しっかり試食して、自分好みのもみじ饅頭を見つけてくださいね。

厳島神社は干潮時に!

厳島神社と言えば、海に浮かんだような光景が幻想的で素敵なのですが。
子供と一緒なら、大鳥居の下まで行ける、干潮時がおすすめです。

年間潮汐・潮見表は宮島観光協会のホームページに掲載されています。
それを参考にして、大鳥居をくぐる貴重な体験をしてみてはいかがでしょうか。

編集後記

宮島といえば、鹿も有名ですが。
紙袋、ビニール袋を持っていると、近寄ってきて漁ろうとする、手荒い性格の鹿も結構いるので注意が必要なことを心に留めておいてください。
フェリーに乗ったことでかなりテンションは上がると思うので、今回紹介したスポットに行って、更に子供たちと楽しい時間を過ごしてもらえたら、と思います。
大人も子供も楽しい宮島、素敵な思い出が出来ますように!

-レジャー

Copyright© 子育てママ+ , 2017 All Rights Reserved.