子育てママに楽しい・嬉しい・キレイをプラスするWEBマガジン

子育てママ+

レジャー

大山神奈川の紅葉2016~新型ケーブルカーで名所を巡ろう

更新日:

だいせんではなく、おおやまと読みます。
神奈川県にある大山は初心者のハイキングから上級者の本格的登山まで楽しめる場所です。
山頂からは神奈川を超え、東京の新宿ビル群、そしてスカイツリーまで見える時もあるんです!

私にとっても思い出深い場所で、超山ガールの友だちとハイキング、家族とライトアップを楽しんだ場所です。
最近は行く機会がないのですが、記事を書いているうちにかなり行きたくなりました。

紅葉の見頃と名所をご紹介します。

紅葉の見頃・見所

例年11月中旬~下旬に見頃を迎えます。
そのため毎年この季節にライトアップが2016年は11月18日(金)~27日(日)に実施されます。
平日は日没から19:00まで、土休日は20:00までライトアップされているので、秋の夜長を堪能することが出来ますよ。

そして!2015年10月1日には大規模工事を終え、新型ケーブルカーが登場します。
車体前面と屋根に大型ガラスが使われ、展望席も新設されるそう、想像するだけでワクワクしてしまいます。

大山には様々な見所がありますが、山頂・見晴台は少し険しい山道を行かなければなりません。
次は徒歩でもケーブルカーでも行ける紅葉の名所を2か所ご紹介いたします。

<2016年10月追記>
大山ケーブルカーの営業時間は平日が9時~16時30分まで、土休日が17時までとなっています。
また、大山ケーブル~阿夫利神社の料金は往復1,100円(小学生は550円)、大山ケーブルまたは阿夫利神社~大山寺で往復600円(300円)となっています。

しかしながら紅葉の見頃時期は繁忙期となり、11月の土日祝日と休日は1,240円(620円)/680円(340円)と少し値上がりします。

大山寺

大山の中腹にあるお寺で、厄除け・開運にかわらけ(お皿のようなもの)投げが出来たりもします。

そして秋にはもみじ祭りがおこなわれるほど、紅葉の名所でもあります。
この記事の最初の写真は階段から見上げた形で撮影しました。
歩くだけで空が見えないほどの真っ赤なかえでがトンネルのようになっています。

大山2

こちらは境内にある宝篋印塔(ほうきょういんとう)、こちらは色とりどりでした。
夜もライトアップされてはいるのですが、そこまで明るくなく、暗い中に浮かび上がる紅葉が楽しめます。
その分階段はかなり暗いので、足を取られないように注意してくださいね。

阿夫利神社下社

こちらがケーブルカーの終点となりますが、随分上まで来た!という感じがします。

そして神社の立派さと人の多さに驚きますが、振り返ると下界(なんだかエラそうですね)には夜景が広がります。
カメラを忘れ、スマホで遠景でぼやけていますが…下に見える夜景は肉眼では海まで見えました。
昼なら江の島は普通に見えますし、伊豆大島まで見える時もあるそうです。
大山1

とても広く、境内のそこかしこでライトアップが施され、とてもきれいです。
売店も何軒か並んでいますが、食事というよりお団子や飲み物など軽食中心ですね。

なお徒歩ならここまでがハイキング、ここから見晴台に行くか、頂上を目指すか、本格的な登山という感じです。
どちらにしても普通のスニーカーで行けるのはこちらまでだと考えた方が良いでしょう。

11月とはいえ昼はいつもより一枚多め、夜は厚手のジャンバーが必要ですので、暖かい服装でお出かけくださいね。

編集後記

もし時間があれば徒歩とケーブルカーを組み合わせてもまた道中違う風景が見られます。
その前のこま参道も昔ながらの懐かしいお店が立ち並び、お豆腐や玉こんにゃくを食べたりもまた楽しいです。
関東近県から日帰りが出来る神奈川一標高の高い大山、ぜひ紅葉の季節に訪れてみてはいかかでしょうか。

-レジャー

Copyright© 子育てママ+ , 2017 All Rights Reserved.