子育てママに楽しい・嬉しい・キレイをプラスするWEBマガジン

子育てママ+

コストコ 離乳食

コストコで離乳食!赤ちゃんにもおすすめ!取り分けて使える食材4選

更新日:

離乳食が始まると、どんなものがイイか、考え、悩み。
食べてくれたら喜び、食べてくれないと、また悩み...の繰り返しですよね。
コストコにも離乳食を食べている乳児・幼児の時に使える商品がたくさんあります。
今回は大人もおいしく食べられて、取り分けできる、赤ちゃんにもおすすめの食材を中心に見ていきましょう。

マッシュポテトを手軽に!クリーミーマッシュ

マッシュポテト
日本にこういう商品があるのか分かりませんが、これを知った時は感動してしまいました。
中身はマッシュポテトの素、と言いましょうか、100%、じゃがいもを乾燥させた、粉末状のマッシュポテトです。

ジャガイモを潰すのって、結構手間がかかるのですが、これは溶かすだけで使えるから本当に便利です。
ネットで見ると、牛乳やバターを入れる方もいらっしゃいますが、私はシンプルにお湯でとくだけ。
ポテトサラダに使うくらいの固さだと、粉末50gにお湯150ccを少しずつ加えて混ぜると出来上がります。

味が濃いと感じたら、中期ぐらいからお使いになったらいいと思います。
初期はもう少し緩めにして、ポタージュやおかゆのようにして。
中期は少し硬めに丸めた後、持ちやすいようにして、手づかみで食べられるように。
後期には、中期のマッシュポテトにその時に合わせた野菜を入れて、形を整え、フライパンでおやきにしたり出来ます。
大人用に、それをゆでてニョッキにしてもイイですし、コロッケの具としてもクリーミーでとてもおいしいです。

1つの箱に14袋入っていますが、1袋丸々使ってしまうと、とてつもない量になり、途方に暮れるハメに陥るかも(汗)。
離乳食のうちは、最初に作っておいて小分けに冷凍しておいても良いと思います。

名島屋の新だし

だし
以前離乳食のだしはいつからなのか、ご紹介しました。

この記事を書く際に、実は紹介したかったくらい、とてもおいしい、だしが、コストコで購入できます。
こちらは、化学調味料無添加で、原材料以外の食塩は入っていないので、安心して使えます。
かつお主体のだしなので、だいたい中期ぐらいから、だしオンリーで使えるほど、しっかりだしが出ます。

袋には水400~500ccに1袋とありますが、とてもしっかりだしが取れるので、700~800ccぐらいで煮だしてもいいくらいです。
味噌をとくまえに取り分けて離乳食にされる方も多いと思いますが、このだしだと、それ以外に味付けなしでも十分おいしいです。
スーパーのだしパックとは比べ物にならないほど、美味しいだしが取れますので、ぜひおすすめします。

遠州灘しらす干し

15㎝角の、結構大きめサイズの透明ケースの中に、500g弱のしらすがびっしり入っています。
いつもスーパーでは多くて100gぐらいなので、とんでもない多さですね。
しかし、しらすは冷凍できますし、熱いご飯にふりかけると、すぐ解凍できるのでとても、便利な食材です。
特にコストコのしらすはふっくらやわらかいので、しらす丼などに最適です。

離乳食の場合は、初期から使うことができ、タンパク質とカルシウムが同時に摂れる、貴重な食品です。
しかし、すりつぶすと少し苦みが出るので、食べない場合は、無理に食べさせる必要はありません。
中期になって小さく切ったり、後期になってそのまま使えるようになると、パクパク食べてくれるかもしれません。
その時は、茶こしにシラスを入れ、上からお湯をかけて塩抜きをしましょう。

ルイボスティー

ルイボスティー
食材とはちょっと違いますが、飲み物もご紹介しますね。
こちら、赤ちゃんはもちろん、妊婦さんにもおすすめのお茶です。

お茶となると、カフェインが気になる所ですが、ルイボスティーはノンカフェイン!
麦茶と並んで、赤ちゃんに飲ませても大丈夫なお茶です。
あとは美容効果があるとか、便秘に効くとか、アトピーにもいいとか、ネットでも評判になっていますが。

我が家ではあまり気にせず、麦茶のように飲んでいたのですが、急に下の子供が嫌がるようになったので、今は急須で飲んでいます。

編集後記

コストコには赤ちゃん用のミルクも売られていますし、グッズもたくさんありますが。
今回は数ある食品の中で、離乳食に使える商品をご紹介いたしました。
大人も食べられるものなので、離乳食だけを用意するのではなく、取り分けたり、工夫することで上手く活用できると思います。
ぜひ、一度お試しください。

-コストコ, 離乳食

Copyright© 子育てママ+ , 2019 All Rights Reserved.