子育てママに楽しい・嬉しい・キレイをプラスするWEBマガジン

子育てママ+

ハロウィン 寝相アート

ハロウィン赤ちゃん仮装は手作りで!身近な素材で出来る簡単アイデア

更新日:

赤ちゃんにとって初めてのハロウィン...。
まだ早いかな、と思いつつ、一度しかないこの時期に、かわいく仮装させたい!と思いませんか?
今回は育児で忙しい新米ママさんでも出来るような、ハロウィンの赤ちゃん仮装を簡単に出来る手作りアイデアをご紹介いたします。

超簡単!スタイをハロウィン風に!

まずは簡単なところから。

スタイをハロウィン仮装に使いましょう。
手作り感じがしないほど、簡単です。

オレンジのスタイがあれば一番いいのですが、赤や黄色でもOK!
そこにフェルトを使って目と鼻と口をくっつけたら、ハロウィンの定番、ジャック・オー・ランタンの出来上がり!
フェルトはシールになったものだと簡単で、終わった後、元に戻しやすいですね。

白のスタイなら、目と口をつけて、お化けの顔にしてしまいましょう。

仮装となると、外出も大変ですが、スタイなら赤ちゃんも普通につけているモノなので、気になることもありません。
簡単なのに、街に出て注目されること、間違いなしですので、ぜひお試しあれ。

簡単!ジャック・オー・ランタン

上の写真ほど立派なものではありませんが、簡単にジャック・オーランタンの仮装が出来ます。

用意するもの

・ オレンジ色の布
・ ゴム
・ 黒いフェルト(シール状)

作り方

1 肩から太ももくらいまでの長さに切ったオレンジ色の布を2枚用意します。
2 手を出す部分を残し、上下を縫い合わせて筒状にします。
3 上の端と下の端は三つ折りにしてゴムひもを通します。
4 目・鼻・口を切り抜き、貼り付ける

下の端はそのままにして、スモッグ状にした方が動きやすいかもしれませんが、ゴムを入れた方がかぼちゃっぽくなります。
赤ちゃんの仮装で気を付けなければならないのは、着せた時に機嫌が悪くならないこと。
素材選びには気を遣うようにしましょう。

黒ずくめでガイコツと黒猫に

こちらは黒ずくめの服があれば出来る仮装です。
ガイコツは白テープを用意し(光沢あるものがよい)
それを骨にみたてて貼っていくというもの。
後ろにも貼ると芸が細かくて、おもしろいですね。

そして黒猫は 100均などの猫耳のカチューシャがあれば簡単です。
なければ、カチューシャに黒いリボンを巻き付け、猫耳部分は画用紙などで手作りしてもいいですね。
大人の仮装ならば黒猫の時尻尾が必要ですが、赤ちゃんなら猫耳のみでも十分カワイイですよ。

寝相アートを楽しむ

どうしても我が子のかわいい姿を見たい!という方は、寝相アートを考えてはいかがでしょうか。

赤ちゃんがぐっすり寝ているところを邪魔しないことが一番。
寝返りを打ったり、泣いたりしたら、一からやり直しになってしまいますが、それものちのち笑えるエピソードになります。
苦労した分だけ楽しい思い出になりますね。

こちらはハロウィンではないですが、寝相アートを作る様子が分かりやすく紹介されていますので、参考になさってください。

また、ハロウィンのかわいい寝相アートもネットにたくさんあり、かなり癒されますのでぜひ探してみてくださいね。

編集後記

赤ちゃんに仮装だなんて、と思われる方もいらっしゃると思いますが。
楽しい時を共有したい、というパパやママの気持ちもよく分かります。
とにかく赤ちゃんが嫌がらないこと。
赤ちゃんの仮装を手作りすれば、それもいい思い出になります。
寝相アートはともかく(汗)、他の仮装は手作りと言っても時間はそれほどかかりませんので、ぜひトライしてみてくださいね。

-ハロウィン, 寝相アート

Copyright© 子育てママ+ , 2019 All Rights Reserved.