子育てママに楽しい・嬉しい・キレイをプラスするWEBマガジン

子育てママ+

健康 話題

米油が健康にいい!美容にも効能が!エゴマ・アマニに続く注目の油

投稿日:

エゴマ、アマニ、ココナッツ...最近、健康にいい油が話題になっています。
我が家も普通の油ではなく、グレープシードオイルを使っています。
友達に勧められただけで、実は何が良いのかは分からないのですが(汗)。
そこに割って入りそうなほど、優れた油が現れました。
健康にいいだけでなく、美容にも効果、直接肌に塗ることでも効能があるとされる油、米油(こめあぶら)といいます。

米油の魅力

とても身近な油

さっそく一番近いスーパーにチェックに行ったところ、アマニ油は売り切れ中、エゴマ油も在庫薄な中、ありました!
600gで436円、ちょっと高めではありますが、普通のスーパーで購入できました!
そして子供たちの大好きなポテトチップスなどのスナック菓子、揚げせんべい、即席めんなどの揚げ油は、ほぼ米油です。
また、学校給食にも多く使われているそうで、意外に身近な油なんです。

原料は米ぬかで、ビタミンやミネラルがたくさん含まれており、玄米が持つ栄養が凝縮されています。
ぬか漬けは、その豊富な栄養で乳酸菌や酵母が育ち、ぬかの栄養分と相まって生の野菜にはない栄養素ができるんですね。
その部分の油分を絞ったものなので、米ぬか油といわれることもあります。

ではその優れた栄養分を見ていきましょう。

すごすぎる栄養分

米油にしかない成分

米ぬかのみに含まれる成分、γ(ガンマ)-オリザノールが、こめ油には含まれています。
血中の脂質を低下させる働きや、更年期症状の緩和などの効果がわかっているのですが。
すごいな、と思ったのは、高脂肪食に対する好みを和らげ、肥満や糖尿病を改善させる効果があることが分かってきた、ということ。
食の好みをも変えてしまうとは、驚きですね。

スーパービタミンE(トコトリエノール)

ビタミンE自体が強い抗酸化作用を持つのですが、その40~50倍の作用を持つのがスーパービタミンEと呼ばれる、トコトリエノールです。
コレステロールや中性脂肪を低下させるという特有の作用も持っています。
更に!しわ・シミや毛穴の改善などの美容効果も持つ、すごいビタミンEが、米油には含まれています。

他にも悪玉コレステロールだけ、吸収を抑える植物ステロール、美白効果のあるフェルラ酸など美容と健康に優れた栄養がたくさん入っています。
本当に知れば知るほど、魅力的です。

使ってみました

米油自体は熱にも強く、炒め物、揚げ物はもちろん、ドレッシングオイルとしても使えるのですが。
一番使いやすいのがお米に混ぜる、という方法かな、と早速試してみました。
お米3合に小さじ1杯弱を入れて普通にスイッチオン!
炊き上がりはつやつや、柔らかいのにしゃもじからスルッと落ちるほどです。

そして味ですが...私と子供は納豆をかけてしまったため、イマイチ分からず(涙)。
しかし遅く帰ってきた納豆嫌いの主人は、そのまま食べると米が違う、と言い出しました、ナイスリアクション!
新米の時期ではないのになぁ、ふんわりやわらかくておいしい!と思ったそうです。
ネタバラシをしたところ、さすが違いが判る男だとご満悦です(汗)。

料理はもちろん、肌の乾燥が気になるこれからの季節、かゆみを抑え、炎症を抑える働きもあるようで肌に塗っても使えるとのこと。
米のとぎ汁で顔を洗うと良い、なんて話も聞きますが、まずは手がかさついたときにちょっと塗って試してみようかと思っています。
今まで知らなかったことが惜しいくらいの米油、これからも注目です!

編集後記

今、いろいろな油があり過ぎて、ココナッツオイルも買ったけれど、なんだかもったいなくて、使わずにいたりするのですが。
米油は手軽に手に入り、熱にも強く普通に調理に使え、さらに使った感触も良かったので、しばらく使ってみようと思います。
ちなみに一日の摂取量の目安は15CC、つまり大さじ1ほどなので、そんなに苦労せずに摂れる量だと思います。
ぜひ試して、その効果を実感しましょう!

-健康, 話題

Copyright© 子育てママ+ , 2017 All Rights Reserved.